知恵ある人 ヤコブの手紙 3:13〜18

1 ヤコブの手紙の受取人はユダヤ人クリスチャンです。ユダヤ人の考える知恵ある人とは、

  最大の知恵である聖書を学び、その知識が実生活に実を結んでいる人でした。つまり、そ

  の人の生き方が真の知恵の有無を表すとも言えます。本当に知恵ある生き方を求めていま

  すか。

 

2 ヤコブは「肉の知恵」の虚しい理由を三つ語っています。①地に属するから⇒つまり、こ

  の世的基準に基づくものだからです。この世の基準でなく、神の基準で生きていますか。

  ②肉に属するから⇒ひたすら自らの欲求を満たそうとする生き方でなく、神を求め、神と

  結び合って生きることが大切です。③悪魔に属するから⇒肉の知恵の導くままに妬みや敵

  対心を働かせて生きるなら、悪魔を喜ばせることにつながります。この世にあって神の国

  の民としてみことばに従う生き方をすることが、クリスチャンに託された責任なのです。

 

3 「上からの知恵」に生きる時、主に喜ばれる歩みが始まります。①純真⇒二心でなく神だ

  けを愛するのです。②平和⇒仕えることで平和を生み出せます。③寛容⇒悪しき相手を責

  めずに、受け止めることです。④温順⇒神に対して、頑なでないことです。⑤あわれみ⇒

  自分に対する神のあわれみを知る人から生まれます。⑥よい実に満ちている⇒具体的なよ

  い行動のことです。⑦えこひいきがない⇒他者を偏り見ないことです。⑧見せかけがない

  ⇒神と人の前に裏表のない生き方です。日々、上からの知恵を求め、あなたの生き方に反

  映させましょう。惜しみなく与えてくださる神を信頼し、求めましょう。

 

教会連絡先

673-0022

兵庫県明石市王子2丁目5-6 

TEL 

 078-928-2606

FAX 

 078-924-0844

E-MAIL

 ag-akashi@sky.plala.or.jp

所属教団


私たちは、聖書信仰に立ち、聖霊の恵みを大切にする、日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団に所属しています。

第二礼拝では、内川主任牧師より聖書のメッセージが語られています。