信仰と行ない ヤコブの手紙 2:14〜19

1  「信仰による救い」というキリスト教の中心的教えを知る者にとって「行ないによる救い」

  を強調しているようなヤコブの手紙は、違和感を感じさせるものです。しかし、実は聖書

  は「信仰だけが大切」とか「行いさえあればいい」という二者択一でなく、「救いはイエ

  スを信じる信仰による。そして、その信仰が本物かどうかはその人の行いに現れる」と言

  っているのです。

 

2 ここで指摘される本物でない信仰とはどのようなものでしょうか。①言行不一致の信仰→

  言葉と行ないの一致しない信仰は、具体的な助けを必要とする誰かのためになりません。

  また、神をも喜ばせることはできません(マタイ25:42〜43)。②頭だけの信仰→神の存

  在を認めているのは悪霊も同じとヤコブは言います。信仰には理性と感情が伴いますが、

  知識がやがて理解に、理解がやがて人格的な信頼に進んでいくのが本当の信仰です。

 

3 では、本物の信仰とはどのようなものでしょうか。①よい行ないに現れる信仰→神があな

  たを救ってくださった目的は、あなたがよい行いに生きるためです(エペソ2:10)。究極

  のよい生き方(十字架)をなさったキリストに結びつき、よい行いをする者へと変えられ

  ましょう。②主への個人的より頼みから始まる信仰→あなたは主イエスへの信頼をどんな

  表現で言い表しますか。いきいきとした主との関係を築いていますか。日々、真実な「信

  仰生活」を送る者となりましょう。

 

教会連絡先

673-0022

兵庫県明石市王子2丁目5-6 

TEL 

 078-928-2606

FAX 

 078-924-0844

E-MAIL

 ag-akashi@sky.plala.or.jp

所属教団


私たちは、聖書信仰に立ち、聖霊の恵みを大切にする、日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団に所属しています。

第二礼拝では、内川主任牧師より聖書のメッセージが語られています。