いのちの冠 ヤコブの手紙 1:12~18

1  ヤコブは本当の幸いとは、偶発的な喜びのことではなく、試練に耐えた者が見つけることの

   できる、神からの祝福だと教えています。そして、試練の中で信仰に立って神を待ち望もう

     とする人には、「いのちの冠」が約束されています。それは、試練を忍耐する歩みの先に待

   っている、神からの報いです。日々の試練にどう対処していくかが、将来の神からの栄光の

     授与につながっていることをおぼえ、「いのちの冠」の希望を握って信仰のレースを走り続け

     ましょう。

 

2 興味深いことに「試練(1:12)」と「誘惑(1:13)」は、原語では同じ言葉です。つまり、

      試練はまた裏返しに誘惑ともなり得るということです。起こって来る試練を、これは神か

      らの誘惑だと誤って受け止めるならば、そこから罪が生じかねません。試練の苦しみの中

  で、すべてを神や他者のせいにする責任転嫁をしていませんか。欲は人間本来の性質に根

      ざしたものでそれ自体が決して悪ではありませんが、その欲が行動の源になると罪に発展

  するのです。「自分はきよめられているから大丈夫」と過信せず、日々、御霊の導きに従

  いましょう。

 

3 誤りなく、神の真実の姿を知ることが大切です。神は、①恵みの源であり、②不変のお方

  です。そして、③あなたを救い、神の子として新しく生まれさせてくださったお方です。

  クリスチャンは全ての被造物に先立って救われた「初穂」であることをおぼえ、神に喜ば

  れる生き方を選び取りましょう。その信仰の旅路の先に、「いのちの冠」があなたを待って

  います。

 

教会連絡先

673-0022

兵庫県明石市王子2丁目5-6 

TEL 

 078-928-2606

FAX 

 078-924-0844

E-MAIL

 ag-akashi@sky.plala.or.jp

所属教団


私たちは、聖書信仰に立ち、聖霊の恵みを大切にする、日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団に所属しています。

第二礼拝では、内川主任牧師より聖書のメッセージが語られています。