光と喜びの日 エステル 8:1~10:3

1 ハマンの処刑後、王はモルデカイに権威のしるしである指輪を与えました。こうしてペル

  シャ王妃とナンバー・ツーにユダヤ人が立つ、驚くべき出来事が起こりました。これは、こ

  の世を信仰を糧に生きようとする者への大きな励ましです。あなたが主を信頼し、たゆみ

  なく善行に励むなら、主が必ず勝利を用意しておられます。信仰を貫きましょう。

 

2 ハマンは死にましたが、彼から発令されたユダヤ人撲滅の法令は生きていました。問題解

  決のため、エステルは再び王の前に行き、新しい法令を出す許可を得ました。定められて

  いた死から解放されたペルシャ中のユダヤ人は歓喜に沸き、以後、一年に一度の祭りを守

  っていきました。この出来事は、旧約と新約の関係を暗示します。旧約の律法に拠れば、

  全ての人は罪と死に定められた存在です。しかし、キリストが十字架でその身に裁きを受

  けてくださったので、信じる誰もがその定めから解放されるのです。この恵みを受け取っ

  ていますか。日々、受けた恵みに感謝し、主をたたえつつ歩みましょう。

 

3 モルデカイやエステルがペルシャで大きく用いられたのは、彼らが命をかけてでも神に従

  う信仰に生きたからです。エステル(星の意味)はその名のとおり、真の神を知らぬ異邦

  の地で、主の栄光を反映して輝く星となりました。置かれた所で忠実に、誠実に、主を見

  上げて、どんな時にも拠り頼みましょう。あなたも、光り輝く星とされるのです。

 

教会連絡先

673-0022

兵庫県明石市王子2丁目5-6 

TEL 

 078-928-2606

FAX 

 078-924-0844

E-MAIL

 ag-akashi@sky.plala.or.jp

所属教団


私たちは、聖書信仰に立ち、聖霊の恵みを大切にする、日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団に所属しています。

第二礼拝では、内川主任牧師より聖書のメッセージが語られています。