老いと死のために 伝道者の書 12:1〜14

1 12章は、人生の冬(老いた日)について語られています。まず老化現象から死に向かう様

  子が、詩的な表現で詳細に記されます。これは、万人に訪れる定めです。12:1は人生の太

  陽が翳り、完全に沈む前(若き日)に創造主と共に生き始めよと勧めます。あなたは創造

  主と生きていますか。十字架の主が開いた道を、今すぐ歩き始めましょう。

 

2 主を信じて生きる時、二つの新しい生き方が生まれます。第一は、老いを空しく過ごさな

  い生き方です。充実した老後のためには、生きがいが不可欠です。12:13「神の命令を守

  れ」にそのヒントがあります。神と隣人を愛せよ、という主の命令に従い、他者(神・隣

  人)のために生きるなら、人生に充実感がもたらされます。神への愛を表現するため、何

  ができますか。隣人への愛をどう具体化しますか。

 

3 第二は、死を災いとしない生き方です。そのヒントは12:13「神を恐れよ」です。恐るべ

  き対象がない時、人は増長し、自分中心に生きます。神への恐れを知らないがために、崇

  めるべきお方を侮るのは愚かです。やがて来るさばきの日を、思わぬ災いとして迎えねば

  ならなくなるからです。できるだけ早く、神を恐れ敬う人生へ踏み出さねばなりません。

  ご自分を恐れ敬う者を神は受け入れ、「わが子」と呼んで天国まで導いてくださいます。

  人生の四季折々の煩いをすべて主に委ねて、安心して歩みましょう。

 

教会連絡先

673-0022

兵庫県明石市王子2丁目5-6 

TEL 

 078-928-2606

FAX 

 078-924-0844

E-MAIL

 ag-akashi@sky.plala.or.jp

所属教団


私たちは、聖書信仰に立ち、聖霊の恵みを大切にする、日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団に所属しています。

第二礼拝では、内川主任牧師より聖書のメッセージが語られています。