知恵ある生き方 伝道者の書 7:1〜29

1 7章は、真に知恵ある生き方として、人が向き合って生きるべき三つの点を教えます。第

  一は、死と向き合って生きることです。「喪中の家に行く方がよい」のは、他者の死の現

  実によって、生者も自分の死とその先を考えさせられるからです。死は確かに悲しみや空

  しさを伴いますが、同時に、自分の死という大問題にきちんと向き合う機会でもあるので

  す。十字架の義こそ、死への最大の備えです。この備えがありますか。

 

2 第二は、現実と向き合って生きることです。謙遜や忍耐など、心のコントロールを軽んじ

  ると、現実と正しく向き合えなくなり、現実逃避に陥ります。向き合いたくない現実があ

  りますか。逃げたくなったり、苛立ったりする現実に、今、信仰をもって向き合ってみませ

  んか。

 

3 第三は、神と向き合って生きることです。あなたが順境の時も、逆境の時も、神の摂理は

  変わりません。大切なのは、どんな時でもあなたが神にまっすぐ向き合って生きようとす

  ることです。罪があるままだと、これができません。あなたには、理屈をこねて従えない

  み言葉がありますか。「どうせ無理だ」と抱え込んだままの問題はありませんか。幼子の

  ようにまっすぐに神を信頼し、素直にみ言葉に従ってみませんか。それこそ、この世で最

  も知恵ある生き方なのです。

 

教会連絡先

673-0022

兵庫県明石市王子2丁目5-6 

TEL 

 078-928-2606

FAX 

 078-924-0844

E-MAIL

 ag-akashi@sky.plala.or.jp

所属教団


私たちは、聖書信仰に立ち、聖霊の恵みを大切にする、日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団に所属しています。

第二礼拝では、内川主任牧師より聖書のメッセージが語られています。