十戒~第九戒・真実な言葉で 出エジプト記20:16

あなたは、普段どんな言葉を語っているでしょうか。イエスは「心に満ちていることを口が話すのです。(マタイ12:34)」と仰いました。三浦綾子さんも、その著書の中で「言葉について考えることは、自分の人格について考えることなのです。」と述べています。

 

1 第九戒は、直接的には「偽りの証言」を禁じています。当時の法廷では証人の証言のみで判

  決が左右されたからです。しかしこのみ言葉は偽証ということに止まらず、人の言葉によ

  る罪を戒めるものです。嘘、悪口、陰口、脅迫、誹謗中傷、秘密漏洩等、これらは全て言

  葉による罪です。その罪の根本は、他者を自分より低くしたいという自己中心性であり、

  その結果として、共同体における信頼の喪失を招きます。第九戒は人と人との間のコミュ

  ニケーションに不可欠な、言葉の「信頼」を守っている戒めなのです。

 

2 第九戒に法廷用語が用いられていることは、人の使う言葉の重さを示しています。あなた

  の言葉は、一旦口に上れば後は雲散霧消するものではなく、生ける神の御前に覚えられて

  いるものです(マタイ12:36~37)。自分の言葉の重さ、伴う責任を忘れてはいませんか。

 

3 しかし、だからこそ神は消極的に口を閉ざす生き方ではなく、より積極的に言葉を用いる

  生き方へあなたを導いておられるのです(エペソ4:25、29)。それは「人の徳を養う」、即ち

  隣人を非難して倒す言葉でなく、建て上げて生かす言葉を用いることへの誘いです。言葉

  が変えられるためには、心の内が変えられることが不可欠です。偽証する者の罪のために

  十字架に釘付けられた主イエスを信じ、その赦しの恵みをいただきましょう。そして、主

  の言葉をなおもわが内に満たし、互いを生かす言葉を語る者へと日々造り変えていただき

  ましょう。

 

教会連絡先

673-0022

兵庫県明石市王子2丁目5-6 

TEL 

 078-928-2606

FAX 

 078-924-0844

E-MAIL

 ag-akashi@sky.plala.or.jp

所属教団


私たちは、聖書信仰に立ち、聖霊の恵みを大切にする、日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団に所属しています。

第二礼拝では、内川主任牧師より聖書のメッセージが語られています。