十戒~第六戒・大切ないのち 出エジプト20:13

1 数年前、「なぜ人を殺してはいけないのか?」という高校生の問いに、著名な文学者が答え

  に窮する出来事がありました。十戒の第六戒である「殺してはならない」は、簡潔明瞭な教

  えです。しかし、このみ言葉には神が人に与えられた命の重さ、命の尊厳が宣言されてい

  るのです。

 

2 聖書は、なぜ人を「殺してはならない」と教えているのでしょうか。その理由を見つけまし

  ょう。

  第一に、人は「神のかたち」に造られた存在だからです(創9:5~6)。⇒人は皆、神のかた

  ち、即ち神の性質(義・愛・霊的存在等)に似せて造られたスペシャルな存在なのです。

  第二に、主なる神だけが命の主権者だからです(ヨブ1:21)。⇒命の始まりも終わりも、

  主の御手の中にあります。人が人を殺すとは、この神ご自身の専権事項に触れる最も恐ろ

  しい行為です。

  第三に、主なる神が大きな愛で全ての人を愛し、宝の如く思っておられるからです(ゼカ

  リヤ2:8)。⇒人の身体の中で、瞳とは殊更大切であるがゆえ、幾重にも守られている器官

  です。神は全ての人をご自身の瞳に等しい、大切な存在と教えています。その証は、全て

  の人のための主イエスによる十字架の贖いです。

 

3 たとえ実際に人を殺したことがなくとも、「殺してはならない」という教えと無縁ではあり

  ません。主がマタイ5:21~22で語ったように、人は思いや言葉で他者を殺すことがあるか

  らです。聖書の言う「殺す」とは、相手の人格をモノ扱いしたり、その存在を否定したりす

  ることです。あなたは、全ての人は神に造られた尊い存在、尊い命であるとの聖書的人間

  観に立っていますか。「殺してはならない」という教えを通し、むしろ「生かしなさい」と語

  られる主の御声に聴き、十字架の愛に満たされることを求めませんか。そして他者を生か

  す言葉、思い、行動に歩ませていただきましょう。

 

教会連絡先

673-0022

兵庫県明石市王子2丁目5-6 

TEL 

 078-928-2606

FAX 

 078-924-0844

E-MAIL

 ag-akashi@sky.plala.or.jp

所属教団


私たちは、聖書信仰に立ち、聖霊の恵みを大切にする、日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団に所属しています。

第二礼拝では、内川主任牧師より聖書のメッセージが語られています。