この人を見よ ヨハネ19:1〜16

主イエスの十字架前の最後の裁判は、ローマから派遣された総督ピラトの前で行われました。ピラトはイエスを指して「この人を見よ!」と告げましたが、主の姿はそれぞれの目にどのように映っていたのでしょうか。

 

1 まず、ピラトの示した「この人」です。

  ①鞭打たれた罪人の姿→鞭打ちに使用する鞭は金属や骨片付きの非常な痛みを与えるもの

   でした。イエスの内に罪を見いだせなかったピラトは、「十字架に付けろ!」と求める

   群衆の声を鞭打つことで治めようとしましたが、それは逆効果で、最後には正しさに目

   を瞑ってしまいました。

  ②茨の冠と紫衣の姿→兵士たちはイエスを嘲り、偽物の王の姿にしました。王のパロディ

   は、侮辱と悪意の表れでした。

 

  次に、祭司長たちの示した「この人」です。

  ①冒涜者の姿→彼らは、自らを神と等しくするイエスを決して赦せないと考えました。

  ②反逆者の姿→主を陥れるために、自分の心を欺いてローマへの反逆者だと訴えました。

  ③憎い人の姿→結局、彼らの動機はイエスへの憎しみ、妬みでした。イエスの存在は自分

   たちの利権を脅かし、権威を失墜させると考えたのです。

 

2 正しさに目を塞ぐピラト、弱者をいたぶる兵士、イエスをなじる群衆、感情的報復のため

  にイエスを陥れようとする祭司たち、これは人間の持つ悪魔性の表れであり、他ならぬあ

  なたの内にもあるものではないでしょうか。主の十字架は、自分の内にある罪性のゆえと

  受け止めていますか。

 

3 十字架の主を信じるあなたは、イエスをどのように見るべきでしょうか。

  ①忍耐のお方→十字架を忍ぶ主の姿は、全信仰者の模範です。

  ②意思のお方→御心に従い通そうとする、主のへりくだりを求めるべきです。

  ③愛のお方→全人類の罪を負われた十字架に、あなたへの尽きぬ愛が現れています。

 

十字架の主イエスこそ、あなたの信仰の創始者であり、完成者です(ヘブル12:2)。今日から始まる受難週、一層の感謝の思いをもって「この人」を仰ぎ見つつ、歩みましょう。

 

教会連絡先

673-0022

兵庫県明石市王子2丁目5-6 

TEL 

 078-928-2606

FAX 

 078-924-0844

E-MAIL

 ag-akashi@sky.plala.or.jp

所属教団


私たちは、聖書信仰に立ち、聖霊の恵みを大切にする、日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団に所属しています。

第二礼拝では、内川主任牧師より聖書のメッセージが語られています。